子どもたちの様子


2学期の様子


12月16日(金)遊びのフェスティバル 
 
 5、6年生がリーダーとなり、全校8の仲良し班が、それぞれの内容、準備物、宣伝方法など相談し、創意工夫を凝らして遊びのコーナーを開設しました。みんなで話し合い、上級生が下級生に教えたり、班で役割分担したり協力したりしながら、企画・準備・運営を子どもたち自身で行いました。仲良し班の中では、上級生と下級生がペアを組み、事前準備の仕事の仕方や当日の運営の仕方などていねいに教えたり、一人一人が自分の仕事を一生懸命行ったりして、コーナーを盛り上げました。

     【ボーリング】             【豆つかみ】            【あみだくじ】
   

     【かみひこうきとばし】        【サスケ】             【ペットボトルアウト】
   

     【ブラックボックス】          【宝さがし】
  


12月15日(木)ツツジ植樹 
 
 舞鶴市森づくり推進委員会の「学校緑化推進事業」により助成金をいただき、体育館横の法面にツツジの植樹をしました。事前に環境委員会の児童が植樹をし、仕方を覚えました。その後、委員会児童がリーダーとなり、全校にボランティアを募って70本のツツジ全てを植えることができました。


   

12月2日(金)わくわくおもちゃランド(1、2年) 
 
 2年生が生活科の学習で作ったおもちゃを活かして「わくわくおもちゃランド」を開きました。それぞれのおもちゃのお店を開き、1年生を招待しました。呼び込みをしたり、来店した1年生にルールを説明したり、こわれたおもちゃを修理したり・・・と大忙しの2年生。でも、みんな張り切って、生き生きと活動していました。
 

   

12月1日(木)ブックトーク(4年、6年) 
 
 舞鶴西図書館の方に来ていただき、ブックトークを行いました。4年生は「時間」、6年生は「宇宙」がテーマでした。いろいろな本の紹介をしていただき、子どもたちは熱心に聞き入っていました。紹介していただいた本もお借りでき、ブックトーク終了後にはみんな手にとって読んでいました。


   

11月30日(水)保小連携授業(1年生と永福保育園) 
 
 永福保育園の年長児と連携授業を行いました。1年生の子どもたちが身近な材料を使って園児と一緒におもちゃを作ったり、作ったおもちゃで遊んだりします。1年生の子どもが計画を立て、材料集めをしたり設計図をかいたりしてから、ペアの園児と一緒に活動しました。すべてを「してあげる」のではなく、ペアになった園児の様子を見ながら「お互いができることを分担する」様子に、1年生の成長を感じました。

  

11月29日(火)授業参観(人権授業公開) 
 
 高野小学校では人権月間中に授業参観日を設定し、人権の授業を公開しています。各学年の発達段階に応じた指導を、多数の保護者の皆様に参観していただきました。

   

   

 


11月21日(月)人権集会 
 
 11月21日から12月9日までを、高野小学校では人権月間とし、様々な取組をします。まず初日には、「人権集会」を行い、人権について校長先生のお話を聞いたり、「なんて言えばいいのかな」と、教室でよくある場面を先生達の寸劇を見て考えたりしました。児童会も、「あたたかいことば運動」を提案しました。全校で、さらにみんな楽しく、安心して生活できる学校になるよう取り組みます。

  

11月19日(土)高野子どもまつり 
 
 高野地域子育て支援協議会の主催による「高野子どもまつり」が今年も開催されました。このお祭りも今年で13回目になります。恒例の「○×クイズ」の後、「空き缶積み」「輪投げ」「ポップコーン」「紙飛行機」「プラ板」「水中コイン落とし」「バルーンアート」「あてもん」「こま回し」の9つのコーナーを楽しみました。半日でしたが、体育館に子どもたちの歓声が響いていました。高野地域子育て支援協議会役員の皆様、PTA役員の皆様をはじめ、ボランティアで参加してくださった地域の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

       【ポップコーン】              【水中コイン落とし】            【バルーンアート】
    
   
     【輪投げ】                  【プラ板】                  【紙飛行機】
   
 
    【あてもん】                 【こま回し】                 【空き缶積み】
   


11月18日(金)舞鶴市合同音楽会(西地区) 
 
 舞鶴総合文化会館で、西地区の合同音楽会が開催されました。舞鶴市(西地区)のすべての小学校が参加します。高野小学校からは6年生が参加し、合唱「365日の紙飛行機」、合奏「海の見える街」を発表しました。他の小学校の友達の歌声に驚きつつ、自分たちも練習の成果を十分に発揮してきました。

  

11月16日(水)わくわく集会 
 
 高野小学校では、子どもたちの表現力の向上を目指し、「わくわく集会」の時間を設定しています。集会では、各学年が学習の成果を発表したり、低、中、高学年のグループ別に意見交流をしたりしています。16日には、6年生が合同音楽会に向けて練習してきた成果を全校の前で披露しました。また、低学年では「給食で好きなものから食べる?それとも嫌いなものから?」、中学年では「無人島にたった一つ持って行くなら何?」、高学年では「飼うなら犬?それとも猫?」と、それぞれのテーマごとに話し合いをしました。

    

11月15日(火) 5年生「すこやかの森」訪問
 
 「総合的な学習の時間」の授業の一環として、5年生が介護老人保健施設「すこやかの森」を訪問しました。合唱や合奏を披露したり、ゲームをして遊んだりしました。どうすれば施設のお年寄りの方々に楽しんでもらえ、よりよい交流ができるのか、子どもたちは一生懸命に考えました。当日はその思いが通じ、とてもよい交流ができました。

  

11月4日(金) 校内マラソン大会
 
  たくさんの保護者、地域の方々に応援していただき、校内マラソン大会を実施しました。低学年は2.5㎞、中学年は4.5㎞、高学年は6.5㎞の距離を走ります。それぞれが自分なりの目標を持ち、歩きたくなる自分と戦いながら最後まで走り抜きました。子どもたちが安全に走れるよう、監視をお世話になりましたPTA役員、子育て支援協議会、防犯推進委員の皆様、本当にありがとうございました。

   


10月30日(日) 舞鶴市小学生駅伝競走大会
 
  舞鶴国際埠頭で開催された、第26回舞鶴市小学生駅伝競走大会において、高野小学校代表として7名が参加しました。高野小学校チームとして1チーム、タイムトライアルに1名の出場です。終始トップグループにくらいつき、見事、大会新の記録(28分16秒)で5位に入賞しました。タイムトライアルも、練習の成果を発揮し、大幅にタイムを伸ばしました。来年度にも積極的なチャレンジを期待します。

 

10月26日(水) 4年みずなぎ高野学園との交流学習
 
 4年生は毎年、みずなぎ高野学園との交流学習を行っています。本年度は城南会館で開催された「Good Day フェスタ」に参加させていただき、交流しました。お互いに踊りや歌を披露し楽しみましたが、最も盛り上がったのが「卓球バレー」です。みんな夢中になって、みずなぎ学園の皆さんと白熱した勝負を展開しました。

   

10月26日(水) 6年ふるさと学習
 
 10月20日に舞鶴引揚記念館の方に事前学習をしていただき、26日に赤れんが博物館、舞鶴引揚記念館の見学を行いました。日露戦争の頃に造られた赤れんが倉庫や、収蔵資料がユネスコ世界記憶遺産に登録されている引揚記念館を訪ね、終戦後の抑留中の生活や引き揚げの様子を学びました。

  


10月25日(火) 聾学校舞鶴分校との交流学習
 
 本年度も京都府立聾学校舞鶴分校との交流会、学習会を行いました。高野小と聾学校との交流は、もう40年以上になります。聾学校の皆さんの力強い、きびきびとした太鼓の演奏を聞いたり、「じゃんけんピラミッド」のゲームをみんなで楽しんだりしました。その後、学年ごとに分かれて交流したり、耳や聴覚の学習、聾学校の様子などについて学習したりしました。

   


9月30日(金) 出前授業「メタンハイドレートについて学ぶ」6年
 
 「子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業」として、京都大学大学院准教授、木元小百合先生に、「メタンハイドレート」について出前授業をしていただきました。子どもたちにとっては初めて聞く言葉が多く、少し難しい内容でしたが、未来の生活と資源との関わりや、自分がどのような視点で将来の職業を決めていくのかということを考えるよいきっかけとなったと思います。

 


9月9日(金) 4年生出前授業(総合的な学習の時間)

 「共に生きる」の学習の一つとして、舞鶴市身体障害者福祉センター、舞鶴市聴覚言語障害者地域活動支援センター「つるの会」の方にお世話になり、聴覚障害について学びました。耳が不自由な方の体験を聞いたり、簡単な手話を教えていただいたりしました。来月には京都府立聾学校舞鶴分校との交流も予定されています。今回の学習が活かされそうです。